【大人のクーピー】ピンクボディにピンクのインクを入れ替えてみた!『SAKURA craft_lab002』

大人のクーピー『SAKURA craft_lab 002』のインクが黒(ブラック)系しか選べない事に不満をお持ちの皆さん、こんにちは!

こっつんこつめ(@naga516)です。

 

只今、大人のクーピー『SAKURA craft_lab 002』のボディカラーに合わせたインクへと入れ替える改造に、コツコツ取り組んでいます。

前回の記事では、グリーンボディにグリーンのインクを載せる改造を施しましたが、今回はピンクでチャレンジしてみます!

【大人のクーピー】ボディカラーと同じカラーインクに入れ替えてみた!『SAKURA craft_lab 002』

改造なんて言っていますが、どんなに不器用な人でも簡単に出来ちゃうレベルですので、大人のクーピー『SAKURA craft_lab 002』のインクをカラフルにしてみたい人は、是非お試しください。

 

今回のターゲットは「ピンク」!

こちらが『SAKURA craft_lab 002』のピンクです。ピンクというよりは、桜色といった趣で上品なカラーに仕上げられていますね。

せっかくこんなに良いピンク色のボディなのに、どういう訳か選べるインク色は黒(ブラック)のみ。気に入らないですね(笑)。

さっそく、今回も他のボールペン用レフィルを少しだけ改造して『SAKURA craft_lab 002』ピンクに装着していきましょう!

スポンサーリンク

使うのは『ボールサインノック』。

さて、どこから『SAKURA craft_lab 002』のボディに載せ替えるインクを持ってくるのかと言いますと、『ボールサインノック』というボールペンからレフィル(中身)だけを取り出す形になります。

 

こちらが『ボールサインノック05』10色セット。Amazonで800円弱でした。もちろん『SAKURA craft_lab 002』と同じサクラクレパス社製です。

なぜ、ピンクだけでいいはずなのに、10色入りを購入したのか?
実は、この改造で最も困難な点は、『ボールサインノック』の入手だったりします(笑)。

なかなかバラ売りされていないんですよ、『ボールサインノック』って。
Amazonでも、バラ売りだと送料の方が高く付いてしまうため、手っ取り早く10色セットを購入してみました。

 

銀座の大型文房具店を回ってダメだったので(なぜか0.6mmは置いてありましたが)、皆さんも素直にAmazonを活用した方が良いと思います。

『ボールサインノック』探すの大変です・・・。

 

スポンサーリンク

『ボールサインノック』を分解。レフィルを取り出す。

『ボールサインノック』には大変申し訳ないけど、欲しいのはあくまでレフィルのみ。

 

今回の『SAKURA craft_lab 002』ピンクに、最もマッチしそうな色を『ボールサインノック』10色セットの中から探します。

 

ちょっと派手めなピンクですが、10本セットの中から選ぶとなると、これしかありませんね。

さっそく『ボールサインノック』を分解してみます。

 

分解と言いましても、そんな大袈裟なことをする必要はありません。

軸の接合部分を「キュキュッ」とひねるだけで真っ二つに分解出来ますので、ターゲットのレフィルを取り出します。

 

続いて『SAKURA craft_lab 002』ピンクも分解してしまいます。

『SAKURA craft_lab 002』は先端部分を回すと外れるので、中からレフィルを取り出すことが出来るようになります。

 

スポンサーリンク

『ボールサインノック』レフィルを切断!

『ボールサインノック』、『SAKURA craft_lab 002』それぞれのレフィルを取り出して、2つを並べてみます。

 

上のレフィルが『SAKURA craft_lab 002』用、下のレフィルが『ボールサインノック』用です。

レフィルの長さが明らかに違いますね。『ボールサインノック』用の方が数ミリ長いので、これを同じ長さにしなければなりません。

 

次にボールペン先端部分を比べてみます。ほとんど差異はないですね。

 

太さ(口径)も全く一緒です。

前回の「グリーン改造」の時と何ら違いはありません。

問題が長さだけで、しかも『ボールサインノック』の方が長いのならば、話は簡単です。
『SAKURA craft_lab 002』と同じ長さにカットしてしまえば良いだけです。

 

じゃーん。ニッパー登場です。別にニッパーでなくても、ハサミで全然大丈夫です。

 

『SAKURA craft_lab 002』のレフィルと長さを合わせたら、ニッパーで一気に切ってしまえばオッケーです。

これも幸いなことに、『ボールサインノック』のレフィルはビニールで出来ているようで、簡単に切断出来てしまいます。

切断後に並べてみると、どこからどうみても色以外は同じレフィルにしか見えません。

 

スポンサーリンク

ピンクのリフィルを『SAKURA craft_lab 002』へ装着!

それでは、長さをカットして調整した『ボールサインノック』のピンク色リフィルを、『SAKURA craft_lab 002』ピンクに装着してみましょう!

 

いざ、『SAKURA craft_lab 002』の本体へ、カットした『ボールサインノック』のリフィルをインサート!

まるで違和感なく、レフィル格納部分へと吸い込まれていきました。
差し込み終わったら、先端部分を締めれば完成です。

 

まるで純正品のレフィルを挿入したかのように、『SAKURA craft_lab 002』の先端部分をスムースに締めることが出来ました。

そして、『SAKURA craft_lab 002』の頭冠(ヘッド)部分を回転させて、ボールペン先端を出してみると、この写真の通り長さぴったり。

ここまで「グリーン改造時」と全く同じです。今回も大丈夫でしょう!?

 

ありがとうございます。今回も大成功です!

インクカラーは、もうちょっと淡い感じの「ピンク」だったら、もっとボディカラーとの一体感を得られる気がします。10色セットの中に入っているピンクを選んだので、これは仕方のないところ。

この後、何度かボールペン先端部分を出し入れしたり、試し書きを繰り返しましたが、ガタつきも皆無。
バッチリ上手くいきました。

 

クリップも装着!

ついでにクリップの装着にも触れておきます。

『SAKURA craft_lab 002』には別売(300円)で「クリップ」が用意されています。クリップをつけない方が「クーピーっぽく」て見た目は良いのですが、クリップなしだとコロコロ転がってしまうし、挿すことが出来ないので何かと不便です。

 

上が別売のクリップ、下がクリップ未装着時の『SAKURA craft_lab 002』。

 

クリップを所定の溝に当てて、少し力を入れて押し込むだけで・・・

 

簡単にはまります。一度はまれば、簡単に取れてしまうこともありません。

別売の後付けパーツにしては、かなり完成度が高いと思います。

個人的には、クリップを付けた方が利便性が高くなるので、クリップ装着をオススメします。

 

総括

『SAKURA craft_lab 002』のインクのカラー化の第2弾として、ピンクバージョンをお伝えしましたが、今回も簡単に成功しました。

1番のハードルは、『ボールサインノック』を入手することでしたね。やっぱり(笑)。

 

取り敢えず2本コレクトできましたので、残りは8本(8色)!

ペンケースにずらっと『SAKURA craft_lab 002』を並べたら、気持ち良さそうじゃありませんか?
やるかやらないかは、あなた次第です!

今後も買い足す都度に、公開していきます。

(^ ^)ではでは(^ ^)

MEMO
他にも、『ボールサインノック』にも増して互換性のあるレフィルがあれば、是非教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください