【MacBookシリーズ用ケース】国立商店『職人が作るレザースリーブ』が最高にカッコいい!!

こんにちは、こっつんこつめ(@naga516)です。

MEMO
以前に書いた記事を、こちらのブログに移転させたものになります。

 

先日、『MacBook Pro(late2016)』を発注しました。

そして、これも買っちゃいました。
国立商店さんの『職人が作るレザースリーブ for 13インチMacBook Pro』。

実は、まだ肝心の『MacBook Pro』が手元に届いていないんですけど、スリーブケースを先に入手してしまいました。

 

ただ、先走って購入したのには理由があります。
今回ご紹介する『職人が作るレザースリーブ』はかなりの人気商品でして、いつ品切れになってもおかしくないんです。

職人さんの手作りですからね。品切れになってしまうと、次の入荷までに時間が掛かるんですよ、これ。

『MacBook Pro』が届いたその日から、国立商店さんの「職人が作るレザースリーブ for 13インチMacBook Pro」を使うのは私的には必須なので、思い切って先に買っちゃいました。

すみません、くどいですね。

とにかく「MacBookシリーズ」(以下、MacBookと略します)用のスリーブケースとしては、唯一無二の素晴らしい製品なので、とにかく一人でも多くの方に知ってもらいたい!

ちなみに、私はこの製品を4年前にも購入しています(MacBook Air用)ので、今回はリピート購入です。

 

「MacBookシリーズ」好きなら、ケースにもこだわろう!

皆さんが『MacBookシリーズ』を選ぶ理由は様々でしょうが、まさか「MacBookシリーズって、デザインはイマイチだけど性能が良いから購入しているんだよねー」なんて人は、いないですよね?

どちらかと言えば『MacBookシリーズ』にステータスを感じていて、意味もなくスタバに持ち込んでドヤってみたい!なんて人の方が多いはず。そうですよね?

そんな皆さんに自信を持ってオススメできるのが、国立商店さんの『職人が作るレザースリーブ』シリーズなんです!

私は、これまでに色々なMacBook用ケースをチェックしてきましたが、私が知る限り、この製品以上にカッコ良くて上品なケースは存在しません。

せっかく超カッコいい『MacBookシリーズ』を使っているのに、ケースには無頓着だなんて勿体ないですよね?

大手PC用品サプライメーカーの出しているケースも悪くないけど、せっかく『MacBookシリーズ』を使っているんですから、ケースにもトコトンこだわってみませんか?

 

スポンサーリンク

4年間使用した私がリピート購入しました!

冒頭でも触れましたが、私「職人が作るレザースリーブ」を、すでに4年間使用しています。

今、使っているものは『MacBook Air』用のものを購入したのですが、とにかく最高です。
全てが最高なんですが、敢えて5点に絞るとしたら、次の様な感じでしょうか。

  1. カッコイイ
  2. 革製ケースでありながらクッション性などを兼ね備えた実用度の高さ
  3. カッコイイ
  4. 『MacBookシリーズ』を載せてのラグ的な使用方法がオシャレ
  5. カッコイイ

4年も使用しているにも関わらず、飽きるどころか、むしろ愛着感は日増しにUPしています。
くどいですが、『職人が作るレザースリーブ』は最高です!

 

スポンサーリンク

開封の儀

皆さんの興味がどれほどか分かりかねますが、開封の儀を執り行わさせて頂きます。

興味のない人は、出来ればお帰理にならずに、開封の儀は読み飛ばしてください。

 

国立商店職人が作るレザースリーブ

箱です。段ボール箱に入った状態で届きました。
段ボールは頑丈な素材なので、中の荷物はしっかり守られています。

 

国立商店職人が作るレザースリーブ

紙をクシャクシャっとした緩衝材の上に「ありがとうございました」と書かれたメッセージを発見。

丁寧、ひたすら丁寧な対応です。
まだ肝心の『職人が作るレザースリーブ』を見ていないのに、「これ、絶対良い製品でしょ!」と思わせる演出が素晴らしい。

 

国立商店職人が作るレザースリーブ

さらにプチプチ(エアークッション)に包まれた状態で梱包されております。
厳重さがハンパないです。

 

国立商店職人が作るレザースリーブ

プチプチを取り除いて、ようやくパッケージとのご対面です。この時点で、まだ本体にたどり着けていません。

そして個人的には、このパッケージは4年前に見た記憶があります。
これは否応無しにテンションが高まりますね。

 

国立商店職人が作るレザースリーブ

ちなみに、箱の中央には「国立商店さんのロゴマーク」が刻まれています。

高品質を予感させる「Made In Japan」の文字が見えますね。
最近は、アジアなどの海外製品も品質向上が著しいですが、それでもやはり「Made In Japan」と知ると、安心感があります。

 

国立商店職人が作るレザースリーブ

まだ!? まだご対面とはいきません。どこまで焦らすのでしょうか笑。

パッケージの上蓋を開けると、傷付き防止用の布(紙?)が挟まれています。
レザー製品は傷付きやすいので、厳重さが他の素材とは違います。

 

スポンサーリンク

味のある革製品。最高のスリーブケース。

国立商店職人が作るレザースリーブ

すみません、大変長らくお待たせ致しました。

こちらが『職人が作るレザースリーブ for 13インチMacBook Pro』です。

今回は定番品のブラックではなく、スペシャルエディション「ブラウンヌメ」にしてみました。

お値段はプラス1,000円になりますが、心機一転新しい『MacBook Pro』を購入したのを機に、今までとは違うカラーにしてみたくなりまして・・・。

きっとスペースグレイの本体色とブラウンヌメは相性が良いはず。

 

国立商店職人が作るレザースリーブ

内部は、1mm厚のマイクロファイバー素材で出来ています。

なお、革によって内部の材質も異なるのでご注意ください。ブラックの場合は、フェルト素材です。

どちらの素材が良いのかは分かりませんが、マイクロファイバー素材もさらっとしていて良い感じです。

 

国立商店職人が作るレザースリーブ

少し斜めから見たところです。

革製品の落ち着いた気品が感じられます。素晴らしいの一言。

 

国立商店職人が作るレザースリーブ

4年前に購入した製品との違いを発見しました!

4年前の製品には、ロゴの入ったネームタグがサイドに付けられていたのですが、今回は型押しロゴになっています。
どちらかといえば以前のネームタグの方が好みでしたが、特にタグにこだわっている訳ではないので、個人的にはどちらでも良いです。

 

国立商店職人が作るレザースリーブ

なんて言いながら、もしネーグタグだった場合にどのような雰囲気になるのかを確認してみました。
(確認したところでどうにもならないのですが笑。)

これはこれで、やっぱりカッコいいかも。
ブラウンヌメと黒を基調にしたネームタグの相性も良さそうです。

 

国立商店職人が作るレザースリーブ

一応お断りしておきますが、今回の製品にはネームタグは付きません。
誤解のないように、念のため一つ前の写真の種明かしをしておきましょう。2つのレザースリーブを重ねただけです。

 

国立商店職人が作るレザースリーブ

4年前に購入したケースと重ねたところを、サイドから確認するとこんな感じです。

厚さはほとんど同じでしょうか。
下の『MacBook Air』用の方が、フェルト部分が厚いように見えますが、端の処理の問題かも知れません。

 

国立商店職人が作るレザースリーブ

試しに手元にある『MacBook Air(13インチ)』を、今回購入した『MacBook Pro(13インチ)』用のケースに入れようと試みましたが、途中で引っかかってしまい、どうやっても絶対に入りません。

MacBook Proの方がAirよりも小さくなるだなんて・・・。
最近のアップル製品は世代交代が緩やかになりましたが、それでも進化を続けていることが良く分かります。

 

スポンサーリンク

『MacBook Pro』が到着。組み合わせバッチリです!

ようやく待ち焦がれた『MacBook Pro』が到着しました!

さっそく『職人が作るレザースリーブ』と組み合わせましたので、見てください。

 

国立商店職人が作るレザースリーブ

いきなりですが『職人が作るレザースリーブ』に『MacBook Pro』を収納したところです。
当たり前ですが、相性バッチリで違和感も全くありません!

この『MacBook Pro(シルバーグレー)』とスリーブケースのブラウンヌメとの組み合わせ、想像以上にしっくりきます。

 

国立商店職人が作るレザースリーブ

こちらは断面です。

使い始めたばかりの今時点では、『MacBook Pro』を収納するのにも、ややキツさを感じます。

但し革製品なので、使い込んでいくうちに今度は逆に緩くなってしまうのですが、この製品は経年変化も楽しむものだと思っていますので、私的には全然OK。

 

国立商店職人が作るレザースリーブ

『職人が作るレザースリーブ』の、ラグ(敷物)として使用例になります。
ケースの革とマイクロファイバーが良いクッションになって、キーが若干打ちやすくなったような気がしてきます。(気ののせいかも?)。

 

国立商店職人が作るレザースリーブ

国立商店職人が作るレザースリーブ

何度見ても、『職人が作るレザースリーブ』と『MacBook Pro』の組み合わせが、最高に良い感じです。

これは所有感が満たされますね!

 

国立商店職人が作るレザースリーブ

『MacBook Air13インチ』と『職人が作るレザースリーブ(ブラック)』、そして今回購入した『MacBook Pro13インチ』と『職人が作るレザースリーブ(ブラウンヌメ)』の揃い踏み。

やはりブラックの方も、甲乙つけがたい良さがありますね。
皆さんもどちらを選ぶか、じっくり悩んでください。

MEMO
さらに今時点(2018年5月)では、「ブリティッシュグリーン」が追加になっています。これがまたカッコイイので、これから購入される人は悩みが尽きないでしょうね笑。

私も、この「ブリティッシュグリーン」がマジで欲しくて堪らないのですが、どうしましょう笑。

 

ま・と・め

お値段なんですが、2018年5月時点で次の通りとなっています。

『職人が作るレザースリーブ』価格

〜13インチMacBook Pro 用〜

・エンボスブラック:7,800円

・ブラック+赤ステッチ:13,824円

・ブラウンヌメ:14,904円

・ブリティッシュグリーン:18,144円

内容の詳細や、12インチ、15インチ用の価格については、公式サイトをご確認ください。

 

高いですか?まぁ、正直言って高いですよね。

実を言うと、私も今回の購入までにかなり迷いました。素晴らしいのはわかっているのですが、懐事情が厳しいので無理かな、と。

ただ、他のケースを購入したとしても、「いずれは『職人が作るスリーブケース』を買うんだろうなぁ」という確信があったので、結局こうして私の手元に届いている訳ですが。

 

『職人が作るレザースリーブ』シリーズは、国立商店さんのオンラインショップから購入することができます。
他からは購入することは出来ませんので、気になった人はすぐに購入しちゃいましょう!

私は、今回2度目のリピート購入になりますが、リピートする価値のある製品です、本当に。

(^ ^)ではでは(^ ^)

参考 『職人が作るレザースリーブ』はこちら国立商店オンラインショップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください